「残暑厳しき折」の意味!時期はいつからいつまで使えるの?

夏空

夏によく聞く言葉に「残暑」がありますよね。

テレビのニュースや新聞などでよく見聞きすると思いますが、「残暑」を使った表現方法に「残暑厳しき折」という言葉があります。どんな場面で使う言葉なのか気になりませんか?

そんな本日は「残暑厳しき折」の意味と使える時期はいつからいつまでなのか詳しく解説したいと思います。

「残暑厳しき折」の意味と使い方は?

まずはじめに「残暑厳しき折」の意味と使い方を見ていきましょう。

「残暑厳しき折」という語句は、かしこまった挨拶文、手紙・はがきなどの書面でよく使われる、時候のあいさつ表現の一つです。

この語句は「残暑(ざんしょ)」という名詞と、「厳しい」という形容詞の連体形「厳しき」、及び「折(おり)」という名詞から構成されています。

まず「残暑」という言葉から見てみましょう。

「残暑」とは季節を表す言葉の一つで、「暑さがまだまだ残っているさま」、「夏の盛りは過ぎてもなお、ピークの頃と変わらないほどに気温が高い状態」を示すものです。

暦の上での季語、あるいは時候の言葉としては、具体的には、「立秋」を過ぎてもまだ暑さが残っている場合を示すとされます。

「立秋」とは一年を細かく季節に分けた二十四節気の一つで、「夏が極まり、秋の気配が立ち始める日」とされます。

おおむね八月七日ごろを指すといわれ、この立秋から立冬までが暦の上では「秋」と定義されます。

日本列島の多くでは、八月初旬や中旬はまだまだ暑い盛りで、学校、会社の夏休みやお盆などがあることもあり、むしろ「真夏」のイメージが強い印象です。

しかし暦上は八月の大半はいわば「初秋」に当たるわけです。

秋が始まったころであるにもかかわらず、相変わらず真夏のような気温が続いている状況を「残暑」と呼ぶといえるでしょう。

このように、焼け付くような太陽の暑さが続き、秋の気配などまるで感じられない、立秋を過ぎた八月初旬以降の日々を言い表した時候の語句が「残暑厳しき折」というわけです。

なお「折」とはこの場合は「時節、季節」といった意味であり、「ころ」や「候」の類語です。

「残暑厳しき折」は、あいさつ状などで、八月初旬を越えてもなお大変な高温が続く時期に、相手の体などを気遣って文章の冒頭などに添える使い方が一般的です。

「残暑厳しき折」に続く言葉としては、相手の安否を尋ねたり、暑さに負けずにと励ましたり、自分の近況などを簡単に紹介する一文などを添えるのが通例だといえます。 

「残暑厳しき折」の時期はいつからいつまで?

次に「残暑厳しき折」を使う時期はいつからいつまでなのでしょうか。

日本では、年が改まる正月に交換する年賀状と同様に、真夏や晩夏に、親戚、知人ら同士で安否を尋ねあう「暑中見舞い」「残暑見舞い」という習慣があります。

はがきや手紙で安否を尋ね合うのが「暑中見舞い状」や「残暑見舞い状」ですが、これらを差し出す時期が「残暑厳しき折」という時候の言葉を使う時期の目安にもなるでしょう。

諸説あるものの、「暑中」とは一般に、夏の土用(どよう)、すなわち立秋前の約十八日間を指すという考えのほか、小暑(七月七日ごろ)から立秋前日の約一か月間を示すという見方もあります。

なおかつ「梅雨明けしていること」を条件に挙げるマナーの解説書などもあるようです。

そして、この暑中の後に来るのが「残暑」であり、やはり立秋以降に見舞い状を出す場合が該当するとされます。

「残暑」の終わりについては、遅くとも八月いっぱいまでとみなす考え方が、現状では一般的だと思われます。

いずれにせよ暑中についても、残暑についても、七月以前などあまりに早すぎても不適切ですし、九月以降など明らかに秋めいているにもかかわらず「残暑」と表現するのも、タイミングがずれているといえます。

本来、相手のことを気遣って交わす書状などは、心から心配して近況を尋ねるものですから、機械的に時期を振り分けるのは馴染まないとはいえ、最低限の社交的なマナーとしては、「残暑厳しき折」という表現は「立秋を過ぎて、八月末までの間にあいさつを行う場合」が使用の最も適切な期間だといえそうです。

「残暑厳しき折」の例文を教えて?

最後に「残暑厳しき折」の例文をまとめておきます。

例文

「残暑厳しき折」の例文としては、次のようなものが挙げられるでしょう。

  • 残暑厳しき折、皆様には変わらずご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 暦の上では秋とはいえ、まだまだ残暑厳しき折、皆様にはいつもながらお変わりないご様子、何よりに存じます。
  • 立秋とは名ばかりで残暑厳しい折ですが、当方は夏バテ知らずで頑張っております。皆様には変わらずにお過ごしでしょうか。

まとめ

どうでしたでしょうか。

「残暑厳しき折」の意味と使える時期はいつからいつまでなのか詳しくご紹介しました。

夏に使う時候の挨拶なので、一番重要なのが使う時期だといえます。

使う時期については最低限のマナーになるので、手紙を書く際は適切な時期を見据えて執筆するようにしましょう。