結婚式の招待状はいつ送る?時期や送り方・遅れた場合の対処法!

結婚式の招待状

結婚が決まり友人や職場の同僚、上司、親戚などに結婚式の招待状を送りますよね。

普段、お世話になっている職場の同僚や上司、プライベートで仲良くしている友人達にはできる限り結婚式に出席してもらいたいものです。結婚式の招待状はいつ頃送るのが礼儀なのでしょうか。

そんな本日は結婚式の招待状はいつ送るのか、時期や送り方、遅れた場合の対処法について詳しく解説したいと思います。

結婚式の招待状はいつ送るの?

まずはじめに結婚式の招待状はいつ送るのか説明しましょう。

結婚式・披露宴は、新郎新婦にとって人生の大きなイベントであり、とても喜びに満ちあふれているものです。

同時に、多くの方が参列し関わる大きな行事だけにその準備も大変な作業となります。

その一つが招待状です。

式や宴席の場所・日取り、規模やおおよその招待客が決まったら、早速招待状の準備に取りかかります。

結婚式の招待状は遅くとも2か月前には先方に届くように発送します。

遠方から来る招待客側の日程調整のことも考え合わせ、万障繰り合わせてご出席いただくためにも早めの送付を心がけます。

結婚式場やホテルを利用したり、結婚式プランナーなどのサービスを受けている場合には、任せておけば先方から細かい作業を手配してくれたり、手順のアドバイスをもらえたりしますが、最近は「自分たちらしいオリジナルな招待状をつくりたい」といったカップルも増えているようです。

そうなると、発送する以前にレイアウトや文章を考えたり、印刷や紙の選択、封筒や切手の準備をしたりと、膨大な手間がかかります。

そうした準備期間も逆算した上で、早め早めに計画立てて作業を進めることが肝要になります。

結婚式の招待状の送り方マナーや遅れた場合の対処法は?

次に結婚式の招待状の送り方マナーと遅れてしまった場合の対処法を見ていきましょう。

結婚式や披露宴は、その規模やスタイルにもよりますが、一般的には多くの方に参列してもらいスピーチなどをお願いする場合もありますので、ホテルや専用の式場などを利用するケースであっても、少なくとも式の4か月前には招待客のリストアップを終えるのが常識です。

そして3か月前までには招待状の文面など中身の詳細や式次第、二次会の概要などをまとめます。

招待状の宛先チェック、個別メッセージ添付といった作業を進め、概ね2か月前には相手に発送しなくてはなりません。

招待状を受け取った客側はなるべく早急に返信するのがマナーであり、約1か月前には全ての招待客名を確定するのが望ましいといえます。

引き出物や席次表の準備などを見越すとこれが「最低限の期間」だからです。

ただ結婚式といった大規模な行事は殆どの方が初めてであり、誰しも慣れないもの。

手違いなどで招待状の発送が2か月前を切ってしまうこともないとは言えません。

その場合は全通を速達送付するとともに、新郎新婦で手分けして電話で事情を説明し、おわびする真摯な対応も重要です。

招待状が遅れるということは「優先順位が低いのか」と客側から失礼に受け止められる恐れもあるためです。

こうした事態に至らないよう、全ての作業について少しでも早く準備にかかることを心がけ、日頃からカップル同士、そして式場側とのコミュニケーションを密に取っておくことも非常に大事だといえるでしょう。 

結婚式の招待状の例文・文例を教えて?

最後に結婚式の招待状の例文・文例をまとめておきます。

結婚式招待状にはいくつかの基本ルールがあります。

式場側が用意してくれる場合は問題ありませんが、自作する際は注意が必要です。

例えば本状では下記の要項を守ってください。

  1. 句読点を使わない
  2. 行頭の1字下げはしない
  3. 忌み言葉を使わない

また、招待状の封筒の宛名は毛筆体で書き、中には①本状②返信はがき③慶事用切手④式場の案内―などが漏れなく同封されているかの確認も必要です。

では、本状の文例を以下にご紹介します。

例文・文例

謹啓 ○○の候 皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。

私たちはこの度結婚することになりました つきましては 日頃よりご交誼いただいている皆様にご挨拶

申し上げたく ささやかながら披露の宴を催したいと存じます。

ご多用中誠に恐縮ではございますが ぜひご出席くださいますようご案内申し上げます。

謹白

平成○年○月吉日

新郎氏名 新婦氏名

この後に披露宴会場の場所や開催日時、受付開始時間などを記し、最後に「誠にお手数ながらご都合を同封のはがきにて○月○日までにお知らせくださいますようお願い申し上げます」と加えます。

この返信期日は大安か友引の日を選ぶのが通例です。

また、本状には基本的に披露宴の案内だけを行い、挙式にも参列してほしい方には付箋を同封してご案内します。

上記の文例は新郎新婦が差出人ですが、かつては両家の親を差出人とするのが礼儀とされていました。

現在ではこだわりは少なくなったようですが、そうした点も事前に親族間で十分話し合っておくのが無難でしょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

結婚式の招待状はいつ送るのか、時期や送り方、遅れた場合の対処法について詳しくご紹介しました。

招待状を送るタイミングは遅くても2ヶ月前までに送り、余裕を持っておくと安心ですね。

もし遅れてしまいそうな場合は速達などを利用するなど早めの対処をするといいでしょう。

初めてのことで慣れないことが続き大変だと思いますが、招待するゲストのことを考えてできるだけ早めに送るようにしてください。