結婚式の招待状マナーは?欠席の書き方や理由・仕事・例文を調査!

結婚式の招待状

仲の良い友達や兄弟姉妹、従兄弟の結婚が決まると大変おめでたい気持ちになりますよね。

結婚式に参列したことがある人なら知っていると思いますが、結婚式の招待状が自宅に届きます。その招待状に参加の有無を記載して送り返すのですが、中には仕事の都合などで参加できない方もいると思います。その場合に欠席する理由の書き方をどうすればいいのかとても悩むと思います。

そんな本日は結婚式の招待状に関するマナーについて詳しく解説したいと思います。

結婚式の招待状マナーを教えて?

まずはじめに結婚式の招待状に関するマナーについて見ていきましょう。

結婚式の招待状を受け取ったら、なるべく早く返事を出すのが基本のマナーです。

新郎新婦はかなり以前から式の準備を進めており、招待状の返事を元に、会場の席次や引き出物の数などをとりまとめる必要があるためです。

招待状が手元に届いたら、できれば2、3日中、遅くとも1週間以内には同封の返信用ハガキを発送します。

返信用ハガキの書き方にもマナーがあります。まず新郎新婦の宛名の下にある「行」を二重線で消し、横に「様」と書き入れます。

また裏面の「御出席」「御欠席」「御芳名」などの「御」や「芳」という字も二重線で消します。

なお二重線ではなく「寿」という漢字で消すこともあります。

これらの敬称などの字は、新郎新婦側がへりくだり、またお客を敬う意味で記載しているものですので、招待客が返事をする際には、自分側に立場を置き換えるのが書面のやり取りでの礼儀です。

返信用ハガキには自分の名前や住所などを書く欄もあります。

これらは毛筆で記入するのがベストですが、ハガキは面積が小さく書きにくい面もありますので、濃い黒色のボールペンなどでも構わないでしょう。

薄い字は読みにくい上に弔事を連想させますので避けます。

出席の返事の場合は、ハガキの余白に「ご結婚おめでとうございます」や「喜んで出席させていただきます」といった一言を添え、とても祝福しているという気持ちを伝えることも大事なマナーです。
 

欠席理由の書き方は?(仕事や出張が理由の場合)

次に結婚式を欠席する場合の理由の書き方について説明します。

結婚式や披露宴の出欠は、多くの場合、事前に電話などで新郎新婦側から都合などの打診を受けていることが通例で、突然招待状だけが来ることはまれだと思われます。

このため一般には「欠席」という返事は少ないと考えられますが、中には急きょ仕事が立て込んだり、長期出張などの予定が入り、やむなく欠席と返事せざるを得ないこともあるでしょう。

その場合には、余白部分に「出席を楽しみにしていたのですが、あいにく仕事でトラブルが生じ、当日は出席が難しくなりました」「急きょ海外出張を命じられてしまい、とても残念です」などと正直に理由を記載し、丁重におわびします。

仲の良い間柄であれば、すぐに電話で釈明するとより丁寧でしょう。

招待状が届いた時点では、事態が流動的で出欠の可否がまだ判断できない、といった場合もあります。

その際はまずは電話でその旨を伝えるのがよいでしょう。

予定が確定した上で、返信ハガキでおわびをするとより誠意が伝わるといえます。

仕事上の欠席理由を書く場合は「多忙のため」「忙しいので」といった文言は「忌み言葉」である上に、せっかく招待してくれた相手にも失礼ですので、用いないように気をつけます。

なお、身内の不幸があったばかりの時や喪中の場合、自分が入院中などのケースでは、相手に無用な心配をかけないためにも、「どうしても都合がつかず申し訳ありません」などとぼかした表現にすることが気遣いだといえます。  
 

結婚式を欠席する場合の例文を教えて?

最後に結婚式を欠席する場合に先方にお伝えする例文をいくつかご紹介します。

例文

結婚式の招待を断り欠席する場合の例文を以下になります。

  • とても楽しみにしていたのですが、あいにく急な契約案件のため長期海外出張が入ってしまいました。大変申し訳ありませんが欠席させていただきます。
  • ご結婚おめでとうございます。心よりご祝福申し上げます。あいにく担当部署で仕事が立て込んでしまい、出席が難しくなりました。申し訳ございません。どうぞお許しください。
  • この度はご結婚おめでとうございます。お招きいただき本当にありがとうございます。あいにく、どうしても当日都合がつかず、誠に恐縮ですが欠席させていただきます。

結婚式に参加できない理由は人それぞれあると思いますが、正直に参加できない理由を記載し、申し訳ない気持ちを素直に伝えるようにしましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

結婚式の招待状に関するマナーや欠席する際の書き方、理由、例文について詳しくご紹介しました。

本来なら結婚式はめでたい場なので出来ることなら参加したいと思いますが、個人の理由によって参加できない場合もありますよね。

そういう場合はお祝いのお言葉をしっかり述べつつ、素直に参加できない理由を伝えると良いでしょう。