「新秋の候」の時期はいつからいつまで?意味と使い方・例文も!

初秋

夏が終わり秋がやってくると「新秋」という言葉をよく見聞きすると思います。

秋を現す時候の挨拶に「新秋の候」がありますが、どんな意味合いがありどんな使い方をするのか気になりますよね。秋を現す時候の挨拶はたくさんあるのでしっかりと覚えておきましょう。

そんな本日は「新秋の候」を使う時期はいつからいつまでなのか、そして意味や使い方、例文を詳しく解説したいと思います。

「新秋の候」の時期はいつからいつまで?

まずはじめに「新秋の候」を使う時期はいつからいつまでなのでしょうか。

かしこまった手紙のやり取り、儀式などの招待状やビジネスレターでの前文といった、正式な日本語のあいさつ慣習では、春夏秋冬や折々の風情ある言葉、すなわち「時候のあいさつ用語」が今でも重視されています。

四季や自然、日々の天候の変化が豊かな日本では、時候の挨拶や文学における「季語」は非常にさまざまな種類があり、おおむね使う時期やTPOが決まっています。

こうしたあいさつ用語を文章で用いる際は、正しい知識をもとに言葉を取捨選択することがマナーだともいえます。

その時候の言葉のうち、今回は「新秋の候」を取り上げたいと思います。

まず「新秋の候」とは、いつからいつまで使える言葉なのでしょうか。

「新秋」という用語は、次項でご説明する通り、旧暦の七月を意味する「異称」の一つでもあります。

現代使われている太陽暦と、江戸時代以前に用いられていた旧暦(陰暦)とは、おおむね一カ月ほどの時間的差異があります。

このため旧暦が示す月や時期をそのまま現代に当てはめると、やや季節のズレを感じることがままあります。

「新秋」が示す旧暦の七月も、現代の七月とは異なり、具体的な時期で言えば「八月初旬から九月初旬」を指します。

「秋」という言葉を含んでいることからも、マナー解説の書籍などによっては、さらに時期を限定して、二十四節気の一つである「処暑」(八月二十三日ごろ)から、「白露」(九月八日ごろ)の前日までに使うのが適切、とするものもあります。

いずれにせよ、七月中や九月後半などには、季節的に大きくニュアンスが異なるため「新秋の候」を使うのは不適切だといえるでしょう。

「新秋の候」の意味は?

次に「新秋の候」の意味を見ていきましょう。

「新秋の候」は、「しんしゅうのこう」と読むことが一般的です。

「新秋」とは、前述のように旧暦の七月の異名でもあります。

旧暦の七月は、より馴染みある異称としては「文月」が知られています。

このほか「秋初月(あきそめづき)」、「七夕月(たなばたづき)」など、日本語らしい情緒豊かな表現も多くあります。

旧暦の七月は現代の七月とは異なり、四季のカテゴリーとしては「秋」に含まれます。

秋は暦の世界では、一般に三つの時期に分けられます。

「初秋」、「仲秋」、「晩秋」です。

このうち二十四節気の一つである立秋(八月七日ごろ)から白露までの一カ月間を初秋と呼んでいます。

「新秋の候」はこの「初秋」とほぼ一致すると考えてよいでしょう。

「新秋」とは文字通りには「新しい秋」であり、秋の初めを表すからです。

こうしたことから「新秋の候」は、「秋の初めの時期」を示す時候のあいさつ用語であり、「夏が終わり、秋めく時期に入ってきた今日このごろですが」といった意味を表す、定型的なフレーズだといえます。

「新秋の候」の使い方は?

次に「新秋の候」の使い方を見ていきましょう。

「新秋の候」は、前述のように「秋のはじめ、秋が始まったころ」を示すあいさつの言葉であり、一般には八月初旬から九月初旬にかけて用います。

「新秋の候」は漢語の名詞を二つ接続した形になっていますので、主としてはかしこまった手紙、ビジネスレター、招待状などの文章上で、本題に入る前の前文において、現在の季節のことに触れる場合に使うのが通例です。

具体的には「拝啓 新秋の候~」といった頭語から始める形や、「新秋の候、皆様には~」と相手のことを気遣う言葉に先行して付ける、定型的な挨拶の語句として用いることが多いといえます。

また涼しく過ごしやすい季節の到来を意味するとして「新秋快適の候」といった派生的な言い方もあります。

「新秋の候」の例文を教えて?

最後に「新秋の候」の例文をまとめてご紹介します。

例文

「新秋の候」の例文としては、次のようなものが挙げられます。

  • 謹啓 新秋の候、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 新秋の候、虫の鳴く音が美しい季節となって参りましたが、皆様には変わりなくお過ごしのことと存じます。

まとめ

どうでしたでしょうか。

「新秋の候」を使う時期はいつからいつまでなのか、そして意味や使い方、例文を詳しくご紹介しました。

時候の挨拶は使える時期が限られているのでTPOを考えてその季節に最適な表現方法を使うようにしましょう。

最近では八月下旬だとまだまだ夏真っ盛りの暑さなので、「新秋の候」を使うのは不自然だなと感じた場合は夏をあらわす時候の挨拶を活用すると不自然ではありません。