「新涼の候」の時期はいつまで?読み方と意味・例文を調査!

新涼

手紙や書式などを書く際に一筆添える時候の挨拶。

時候の挨拶を一筆添えるだけで手紙の印象も大きく変わると思いますが、季節や時期に合った言葉を選ばないと相手に良い印象を与えません。

そんな本日は「新涼の候」を使う時期はいつからいつまでなのか、そして読み方、意味、例文を詳しく解説したいと思います。

「新涼の候」の時期はいつからいつまで?

まずはじめに「新涼の候」を使う時期はいつからいつまでなのか見ていきましょう。

手紙やはがき、かしこまったあいさつ状やビジネスレターなどで用いられる時候のあいさつ用語は、四季折々に応じて大変豊富な種類があります。

旧暦・陰暦に応じた月の古い名称が使われたり、中国が発祥の二十四節気の言葉を用いたり、あるいはその月に特有なイベントや行事、食べ物、風習、動植物名にちなむなど、大変創意工夫された言葉が綴られることが多く、日本語表現の豊かさとともに、日本人がいかに気候や季節にこだわりを持っているかがあらためて理解できます。

さて今回は、そのような時候のあいさつ用語の中で、「新涼の候」をご紹介しましょう。

これは季節としては「秋」、しかも秋の初め頃に使われる語句です。

秋は、暦の上の分類では、立秋(八月七日ごろ)から立冬(十一月七日ごろ)の前日までを指すとされます。

さらにこの秋は「三秋」と呼ばれるように一カ月ごとに三つの時期に分けられます。

「初秋」、「仲秋(または中秋)」、「晩秋」です。

現在の日本では、八月初旬に立冬を迎え「そこからは秋が始まる」といわれても、お盆休みがあったり、学校などの夏休み真っ盛りのシーズンでもあり、気候的にもまだまだ厳しい暑さが続く時期。

なかなか秋のイメージは沸いてきません。

この肌感覚の違いは、現代の太陽暦と旧暦で一カ月ほどの「時差」があるためでもありますが、一種の儀礼マナーとして、あらたまった書面上などでは、暦の分類に沿って時候の言葉を用いることが大切です。

前述のように「新涼の候」は初秋の言葉ですが、初秋とは、立秋から白露(九月八日ごろ)の前日までを示すとされます。

このため「新涼の候」はおおむね、立秋を過ぎた八月初旬から九月はじめまでに使う時候の言葉だといえます。
 

「新涼の候」の読み方と意味・使い方は?

次に「新涼の候」の読み方と意味、使い方を見ていきましょう。

「新涼の候」は、「しんりょうのこう」と読みます。

まず「新涼」の「新」という漢字をみてみましょう。

「新」は扁の部分が「刀」と「大地を覆う木」の象形を表すとされます。

つくりの部分は「曲がった柄の先に刃をつけた手斧」の象形だといわれます。

すなわち、木を斧で切った際、切り口が鮮やかなことから「新」は「あたらしい」、「はじめて」といった意味合いになったようです。

「新涼」の「涼」という字は、さんずいと「京」から成り立っています。

さんずいは流れる水を示し、「京」は元来は「高い丘に建つ家」を意味しました。

いわゆる「首都、みやこ」の意味合いはここから派生したわけですが、「涼」の場合は音が「良」と似ていることから「良い水」という意味に転じ、「ひんやりする」、「すずしい」、「温度や湿度が心地よい」といった趣旨で使われるようになったようです。

このように「新涼」とは、「秋のはじめに感じる、心地よいすずしさ」といった意味を示す名詞です。

次に「候」とは、元々は一年を七十二に分割した五日間を示すものでしたが、現代では「時期、今この時、日々」といった期間を示す言葉として用いられます。

意味と使い方

「新涼の候」とはこのように、「初秋の気持ちの良い涼しさが感じられるきょうこのごろですが」といった意味合いで、書状などの冒頭で時候のあいさつをする際の定型的な言い方だといえます。

「新涼」、「候」と漢語が並んだ語句でもあり、一般には堅い挨拶文などで用いることが多いといえます。

その際は、相手を敬う表現にするのがマナーであり、「拝啓~敬具」など頭語と結語で文頭と文末を締め、その間に初秋の時候に関する話題や相手への気遣いの文言を散りばめるのが通例です。

親しい間柄などでは頭語、結語などは省略する場合もありますが、その際は「新涼の候」ではやや堅いため、「朝晩の風がようやく涼しげになってきましたが」などと平たく表現する方が望ましいでしょう。

「新涼の候」の例文を教えて?

最後に「新涼の候」の例文をまとめておきます。

例文

「新涼の候」の例文としては、次のようなものが挙げられます。

  • 拝啓 新涼の候、さわやかな秋風が感じられる頃になって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 新涼の候となり、朝晩には肌寒さも感じるこのごろですが、お風邪などを召されませんようどうぞお気をつけください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「新涼の候」を使う時期はいつからいつまでなのか、そして読み方、意味、例文について詳しくご紹介しました。

今のご時世、なかなかお手紙を書く機会も少なくなって来ていますが、たまにはペンを取って言葉を綴るのも良いものですよ。

その際に季節の挨拶を一筆添えると手紙の印象も変わってくると思います。

季節や時期に合った表現方法を使うようにしましょうね!