「猛暑の候」の時期はいつからいつまで?意味・読み方・例文を調査!

夏空

みなさんは時候の挨拶で「猛暑の候」という表現方法を知っていますか?

漢字を見ると夏に使われる表現方法なのかなとなんとなく分かると思いますが、どんな意味合いがありなんて読むのかも気になります。使える時期についてもチェックしたいものですね。

そんな本日は「猛暑の候」の使う時期はいつからいつまでなのか、そして意味、読み方、例文を詳しくご紹介したいと思います。

「猛暑の候」の時期はいつからいつまで?

まずはじめに「猛暑の候」の使う時期はいつからいつまでなのでしょうか。

日本語独特のあいさつ表現や文章上での伝統的な文化ともいえる、天候や季節を表す「時候の言葉」

その多くは古来使われてきた旧暦、陰暦の言葉が由来となっているものが多く、ある意味でそれらの「古めかしさ」や「重々しさ」が、かしこまった場面などでのあいさつでは重宝されているともいえます。

それだけに正しく時候の言葉の意味を把握し、TPOに応じてきちんと選ぶことがビジネスシーンや儀礼の場では大切になるともいえます。

今回は、夏のあいさつには欠かせない「猛暑の候」を取り上げたいと思います。

まず「猛暑の候」の示す時期はいつでしょうか。

「猛暑」は夏の暑い日々の中でも、とりわけ暑さが激しく厳しいシーズンを指すといえます。

夏の時候の言葉は、「三夏」とも呼ばれるように「初夏」、「仲夏」、「晩夏」と分かれ、それぞれが現在の暦ではおおむね五、六、七月を表します。

七月が「晩夏」とはちょっと現代の感覚とずれている印象もありますが、これは言葉の元となった旧暦が太陽暦とは一か月ほどの差があるためでもあります。

「猛暑」は「晩夏」に含まれ、この「晩夏」は一般には小暑(七月七日ごろ)から立秋(八月七日ごろ)を指すとされます。

その中でも、とりわけ暑さが厳しい時期に「猛暑」の言葉がふさわしいといえるでしょう。

確かに一年のうちでも気温が非常に高く、うだるように暑い日々が続くのは、日本の大部分の地域では七月下旬から八月中旬ごろが多いと考えられます。

「猛暑の候」はおおむねこの時期を示し、また列島各地で大変な高温が続いていることが、ニュースなどで報じられる日々に、あいさつなどを行う際にあてはまる時候の言葉だといえます。
 

「猛暑の候」の読み方と意味・使い方は?

次に「猛暑の候」の読み方と意味、使い方を見ていきましょう。

「猛暑の候」とは「もうしょのこう」と読みます。

「猛暑」という名詞の「猛」という漢字は、けものへん、すなわち「耳を立てた犬」と、「孟」という字から成り立っています。

これは「犬が誰かをののしる」という様子を表しており、転じて「たけだけしい」、「強そうな」といった意味になったとされます。

現代では「きびしい」、「激しい」といった意味でも使われます。

また「猛暑」の「暑」という字は、太陽を意味する「日」と、「者」からできています。

この「者」は元来、「台の上に芝を集めて火をたく」といった様子を示し、すなわち「太陽が何かの物を煮る」といった状況が「暑」となりました。

つまり「非常にあつい」、「気温が高い」という意味合いです。

ちなみに気象庁の規定では最高気温が三十五度以上に達する日を「猛暑日」と呼んでいるそうです。

このように「激しく厳しく、ひどい暑さ」を表すのが「猛暑」であり、「酷暑」、「炎暑」、「極暑」といった言い換え方もあります。

  • 酷暑
  • 炎暑
  • 極暑

言い換える場合は上記を使いましょう!

また「猛暑の候」の「候(こう)」とは、古くは中国で、一年を五日間ずつに細分化したその一単位を表したもので、言い換えれば「時候(じこう)」、「季候(きこう)」とも呼ばれます。

すなわち「猛暑の候」のように「○○の候」といえば、季節や天候の状況を特定した今現在、を指すのが通例です。

「猛暑の候」とはこのように、「非常に暑いきょうこの頃」を表す表現であり、主には暑中見舞いなどのあいさつ状や真夏に行われる儀礼やイベント、ビジネスの場などで「大変厳しい暑さの中ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか、体に異変などはないでしょうか」と相手を気遣う際の、あいさつの定型的な言い方だといえます。

「猛暑の候」の例文を教えて?

「猛暑の候」の例文をまとめてご紹介します。

例文

「猛暑の候」の例文を挙げると、次のようなものがあるでしょう。

  • 拝啓 猛暑の候、うだるような日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 猛暑の候、例年にないほど高温の日ばかりで、体調が心配されますが、お変わりないでしょうか。
  • 猛暑の候、暑さに負けずご活躍のことと拝察いたします。

まとめ

どうでしたでしょうか。

「猛暑の候」の使う時期はいつからいつまでなのか、そして意味、使い方、例文を詳しくご紹介しました。

今回の時候の挨拶は読んで字の如しではありませんが、比較的に簡単だったと思います。

ただ、使う時期については夏だったらいつでもいいというわけではないので、注意してくださいね。

時候の挨拶を使う場合は決められた期間があるので、頭に入れておきましょう。