「ご用命」の意味と使い方は?ビジネスで使う場合の注意点と例文を調査!

用事をお願いする女性

よくビジネスの場で耳にする「ご用命」という表現方法。

「用命」だけではなく「ご」を付けることによってより一層、丁寧さ、尊敬の意を表しているのが分かりますが、どんな場面で使う言葉なのでしょうか。

そんな本日は「ご用命」の意味と使い方、そしてビジネスの場で使う場合の注意点、言い換え方、例文を詳しくご紹介したいと思います。

「ご用命」の意味と使い方は?

まずはじめに「ご用命」の意味と使い方を見ていきましょう。

「ご用命」という言葉は「ごようめい」と読む名詞です。

「用命」という名詞に丁寧な漢語向けの接頭語である「ご」を冠し、相手の行為について丁寧に申し述べる際の言い方です。

「用命」の「用」という漢字は、そもそもは象形文字であり「甬鐘(ようしょう)」という鐘の形を摸したものといわれています。

この鐘は柄を持って使うことから、「用」は「取り上げる」、あるいは「もちいる」という意味になったとされます。

ただし「用命」の「用」は、日本語特有の意味合いで「仕事」や「用事」を指しています。

そして「命」は元来は「口」と「令」から成っており、「冠の下で口とひざまづく人」を示しているとされます。

これはそもそもは「神の声を聞く」姿を示し、ここから「命ずる、言いつける」、あるいは「神から授かった物」という意味で「命(いのち)」を指すようになったようです。

このように「用命」「用事を命じる」という意味の熟語であり、これを敬う相手の行為として丁寧に述べたものが「ご用命」です。

現代のビジネスシーンなどでは、ほぼ「ご用命」という形で、顧客など敬うべき相手からの仕事の依頼、商品の注文などについて丁重に表現する使い方がほとんどとなっています。
 

「ご用命」の類語や例文を教えて?

次に「ご用命」の類語や例文をまとめておきます。

「ご用命」は前述のように、現在のビジネスや商取引の場では大変日常的に用いられる言葉です。

ただ、少しかしこまった印象もある言い方ともいえます。

より一般的に、外部からの指示や依頼などを丁寧に表現する語句や言い換えの事例としては、次のようなものが挙げられます。

  • ご注文
  • ご利用
  • ご所望(しょもう)
  • ご要望
  • ご要請
  • ご依頼
  • ご指示

などがあります。

あるいは和語で「早速お部屋をおあつらえいたします」、「何なりとお申し付けください」、「仰せの通りでございます」などと表現することも可能ですね。

また「ご用命」よりさらに堅く、へりくだった言い方としては「ご下命(かめい)」があります。

文字通り「下の者に命じる」といった意味であり、主には「得意客などから商品の注文を受ける」際に、受注側が「ぜひうちにご下命ください」などと用います。

例文

「ご用命」の例文としては次のようなものが挙げられます。

  • 毎度、弊社にご用命を賜りありがとうございます。
  • ご用命いただければ、明日にでもご用意してお持ちいたします。
  • 次回もぜひに私どもにご用命くださいますよう、スタッフ一同心よりお待ちしております。

「ご用命」をビジネスの場で使う注意点を教えて?

最後に「ご用命」をビジネスの場で使う注意点について見ていきましょう。

ビジネスシーン、特に注文の受注や発注の際には頻繁に用いられる「ご用命」ですが、使う際に注意すべき点もあります。

まず「ご用命」「注文を受ける側が、発注する相手を敬って言う」という言葉だということです。

逆の立場で、自分の側が相手に商品や仕事を頼むケースで、それを丁寧に言おうとして「あなたにご用命いたします」や「ご用命してもよろしいでしょうか」といったように使うのは、誤用となります。

この点で、前にご紹介した類語「ご注文」や「ご所望」などであれば、「ご注文させていただきます」、「お水を一杯ご所望したいのですが」など、自分の行為としても使うことができます。

また「ご用命」は基本的に、目上の人や顧客といった、社外であったり立場が上の人について用いるものであり、目下に対してや、自分が「客」の立場にある場合には使わないことにも注意が必要です。

例えば、職場の後輩などに対して「何か僕で手伝えることがあれば、用命してくれよ」といった言い方は不適切になります。

まとめ

どうでしたでしょうか。

「ご用命」の意味と使い方、そしてビジネスの場で使う場合の注意点、言い換え方、例文を詳しくご紹介しました。

読んで字の如しではありませんが、そこまで難しい意味合いや使い方をする表現方法ではありませんね。

相手に対して、用事を命じることを丁寧に、尊敬の意を込めて伝える為に使う表現方法と覚えておくと良いでしょう。

ビジネスの場で使うことがほとんどなので、顧客や敬うべき相手からの仕事依頼、商品注文に対して丁重に扱うときに使う表現と覚えてください。

会社での営業や商取引などでよく使う言葉なのでしっかりと頭に入れておいてくださいね。