「ご指導ご鞭撻のほど」の意味と使い方は?年賀状で使う場合の例文を調査!

ご指導ご鞭撻

結婚式やビジネスの場でよく耳にする「ご指導ご鞭撻のほど~」という言葉があります。

いろいろな場面でよく聞く表現方法ですが、どんな意味合いがあり、どんな使い方をするのか知っていますか?社会に出たときに頻繁に使う言葉なのでしっかりと覚えておきたいものです。

そんな本日は「ご指導ご鞭撻のほど」の意味と使い方、そして年賀状で使う時の例文・文例を詳しく解説したいと思います。

「ご指導ご鞭撻のほど」の意味と使い方は?

まずはじめに「ご指導ご鞭撻のほど」の意味と使い方を見ていきましょう。

「ご指導ご鞭撻」という言葉は、「ごしどう・ごべんたつ」と読みます。

「ご指導」と「ご鞭撻」という二つの熟語が連結した形で構成されています。

いずれの語も、漢語の冒頭につけて丁寧な様子を示す接頭語「ご」で始まっており、「指導」「鞭撻」という名詞を丁寧に相手に対して述べたものです。

「指導」という言葉は、「ある目的や方向に向かって人を教え導くこと」を表します。

「勉強法を指導する」「行政指導」などと使います。

一般に、目上の人や知識・技術に秀でた人が、目下の者や子弟・後輩などに対して物事を教えるという、「上の立場から教育する」といったニュアンスがある言い方です。

一方の「鞭撻」とは、「鞭(むち)」と「撻」という字から成り立っています。

「撻」とは「うちのめす、むちうって励ます」といった意味であり、「鞭撻」とはもともとは、「むちで打って懲らしめる」という意味合いを持ちました。

ここから転じて、「(鞭で打つかのように)努力を促し、励ますこと」といった内容を示すようになったようです。

主には「ご鞭撻」という尊敬語の形で用いることで、目上の相手に対して、自分がへりくだって「どうぞ鞭打って私を励ましてください」といった形で、教導を希うという趣旨を表します。

このように「ご指導」「ご鞭撻」「相手が自分を指導・教育する」ことを敬って言う言葉だといえます。

そして「ご指導ご鞭撻」は、現代のビジネスシーンや儀礼の場などでは、ワンセットの形で定型的に使われることの多い言い方でもあります。

例えば、役職への就任あいさつ、結婚の報告、お祝いのお礼などの際に、主に相手に宛てた書状の中で「今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」のように、日常お世話になっている敬うべき相手に、引き続いての教えや支援を請う表現だといえます。

「ご指導ご鞭撻のほど」の類語や言い換え方は?

次に「ご指導ご鞭撻のほど」の類語と言い換え方を見ていきましょう。

このように「ご指導ご鞭撻」は、主には目上の人に対するあいさつ状などの中で、日頃の愛顧を感謝するとともに、今後とも変わらずに支援や教え導いてくれることを丁重にお願いする言い方です。

言い換え方

この「ご指導ご鞭撻」の類語や言い換え方には、次のような表現があります。

  • 何とぞ今後ともご指南(ごしなん)くださいますようお願いいたします。
  • これからも一層のお導き(おみちびき)を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
  • 具体案について、ご教示(ごきょうじ)いただければ幸いに存じます。
  • 日頃温かくご教授(ごきょうじゅ)くださり、お礼の申し上げようもありません。

 

年賀状で使う場合の例文を教えて?

最後に年賀状で使う場合の例文をご紹介します。

「ご指導ご鞭撻」は、ビジネスや儀礼などでのややかしこまった文面で、目上の人に対して用いる定型的な言い方です。

このため年賀状で用いる際も、一般には先生、先輩、上司、恩師といった目上の方や、取引先・顧客といった社外の重要なビジネス関係者に向けた文章で使うのが通例です。

堅い言い方ですので、親しい友人や後輩などに宛てた年賀状では通常用いません。

例文

年賀状で「ご指導ご鞭撻」を使う場合の例文には、次のようなものがあります。

  • あけましておめでとうございます。本年も、一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。
  • 旧年中は誠にお世話になりました。本年も一層成果を上げられるよう、社員一丸となって努力する所存です。なにとぞ、これまでと変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
  • 新年の寿ぎを申し上げますとともに、本年も引き続いて、ご指導ご鞭撻の程願い上げ奉ります。

まとめ

どうでしたでしょうか。

「ご指導ご鞭撻のほど」の意味と使い方、そして年賀状で使う時の例文・文例を詳しくご紹介しました。

使い方としては目上の方にかしこまった挨拶をする場合に定型的な言い方として活用します。

ビジネスの場や結婚式、年賀状などでよく使う言葉なので意味と使い方をしっかり頭に入れておきましょう。