「炎暑の候」の時期はいつからいつまで?意味・読み方・例文を調査!

炎暑

季節の挨拶に「炎暑の候」という表現方法があります。

手紙や文書を書く際に季節に合った挨拶を一筆添えたりしますが、その時に使うのが「炎暑の候」です。漢字を見ると大体どんな意味合いがあるのか想像がつきそうですけど…。

そんな本日は「炎暑の候」の時期はいつからいつまでなのか、そして意味・読み方・例文を詳しくご紹介したいと思います。

「炎暑の候」の時期はいつからいつまで?

まずはじめに「炎暑の候」を使う時期はいつからいつまでなのでしょうか。

日本の暦(こよみ)、とりわけ古代から続く旧暦・陰暦の上では、夏は五、六、七月の三カ月間を指すとされます。

より正確には、立夏(五月五日頃)から立秋(八月七日頃)までの範囲を指すのが、季語や時候のあいさつにおける「夏」です。

これは別名「三夏」とも呼ばれます。

その夏の三カ月間をより詳しく見ると、最初の1か月を「初夏」と呼び、これは具体的には前述の立夏から芒種(六月六日頃)までを示します。

ちなみに芒種とは、二十四節気の一つで、麦の刈り入れや稲の植え付けに適した時期だとされます。

次の1か月が「仲夏」または「中夏」で、芒種から小暑(七月七日頃)までを指します。

さらに最後の1か月が「晩夏」で、これは小暑から立秋までを示す言い方です。

二十四節気をはじめ、これらの季節の定義や用語は、「地球温暖化の影響」などが叫ばれる現代日本の気候とは次第にズレが生じている印象もあるかもしれませんが、かしこまった文章などで用いられる季語や時候のあいさつでは、古来続く暦の「ルール」はいまだマナーや教養の一つとしても重視されています。

さて今回は、夏の時候のあいさつの中で、「炎暑の候」をご紹介したいと思います。

「炎暑の候」は、前述の夏の三カ月間の中でも、「晩夏」に当たると考えられます。

一年のうちでも最も暑い時期を、二十四節気では「大暑」とも言いますが、これは現在の暦では七月二十三日頃を示します。

おおむね、大暑から立秋までの十五日間は、日照りや高温が続いたり、じめじめして蒸し暑く、時には豪雨も降ることの多い過ごしにくい時期です。

実際の私たちの感覚では、非常に暑くうだる日々は八月のお盆明けくらいまで続くイメージもありますが、暦による季語やあいさつの上では、「極めて暑いとき」、すなわち「炎暑の候」は一般にはこの「晩夏」の中でも、大暑をはさんだ数日を示すのが通例です。
 

「炎暑の候」の読み方と意味・使い方は?

次に「炎暑の候」の読み方と意味、使い方を見ていきましょう。

「炎暑の候」という言葉は、「えんしょのこう」と読みます。

これは「炎暑」という名詞と、所有、所属、時、主格などの関係を示す格助詞「の」、そして季節の短い一定期間を示す「候」を組み合わせた一文です。

「炎暑」の語源

ではそれぞれの言葉を詳しく見ていきましょう。

「炎暑」の「炎」という漢字は、まさに見た目のまま、燃え上がる火が二つ上下に重なった象形であり、「燃え上がるほのお」や「熱い、暑いさま」を示すといえます。

次に「暑」という字は、太陽の「日」と「者」からできています。

この「者」は元来、「台の上に芝を集めて火をたく」といった様子を示し、すなわち「太陽が何かの物を煮る」といった状況が「暑」となりました。つまり「非常にあつい」、「気温が高い」という意味合いです。

このように「炎暑」「真夏の焼け付くような暑さ」や「夏の盛りの、はなはだしい暑さ」を意味する名詞だといえます。

古くは「えんじょ」とも読まれた、比較的昔からある表現のようです。

そして「候」という字は、元来は「横から見た人」と「人が的をうかがい、矢を放とうとする姿」を示したとされます。

ここから「候」は「人が何かをうかがう様子」を表すようになったようです。

そして「探る」、「様子を見る」といった意味合いに転じ、さらに「何かが起こりそうな気配」、「何かがあるしるしや時期」も示し、季節や期間を表す「候」の用法につながったと考えられます。

このように「炎暑の候」「焼け付くように厳しい暑さの中の、今という時期」を示す、時候のあいさつにおける真夏の定型的な一表現だといえます。 
 

「炎暑の候」の例文を教えて?

「炎暑の候」の例文をまとめておきます。

例文

「炎暑の候」の例文を挙げるとすると、以下のようなものが提示できるでしょう。

  • 炎暑の候、皆様にはお体にご不調などございませんでしょうか。
  • 炎暑の候ですが、暑さに負けずご壮健で乗り切られますよう、心よりお祈り申し上げます。
  • いよいよ炎暑の候に向かう折ですが、皆様には一層ご自愛のほどお祈り申し上げます。

まとめ

どうでしたでしょうか。

「炎暑の候」の時期はいつからいつまでなのか、そして意味・読み方・例文について詳しくご紹介しました。

時候の挨拶は季節によって使う表現方法が変わってきますので、手紙や文書を書く時は注意が必要になります。

季節にあった時候の挨拶はたくさんあるので、全てとはいいませんが主要なものは頭に入れておくと良いでしょう。